■人材多様化プロジェクト■ワークライフマネジメント

先日、ワークライフマネジメント、という言葉を耳にしました。
ワークライフバランスと何が違うのかな?という疑問から始まり、少し調べてみました。
基本思想は共通しているようですが、細かなことを言えば、
ワークライフバランスというと、仕事と生活の調和。まさにバランスであり、人によってはこの言葉から、「ワークもライフもほどほどに」といった誤ったニュアンスを持つようなのです。
一方、ワークライフマネジメントとは、メリハリある働き方をすることプラス、仕事以外の充実した生活時間にインプットしたものから得たエネルギーをもって、双方の効果を活かしながらより付加価値の高いアウトプットを行う。そのようなニュアンスをもつ言葉のようで、後者の言葉をあえて使う企業も増えているようです。
ワークライフマネジメント、自らが積極的にマネジメントすることで自分にとってもより充実した生活が送れるのなら、こちらの言葉をとって、実践してみようかなと思ったのでした。

この記事を書いた人

人材多様化プロジェクト

多様な人材の活用が必要不可欠となり法改正も多く行われ、会社もそれに基づく新しい規程や制度の整備がますます求められています。

三島事務所では企業様向けはもちろん、弊所内の取組としても働き方改革の対応の実績があり、それをプロジェクトチームとして(はたマキ→イロトリ→(現)人材多様化プロジェクト)最新の法令に基づき、就業規則の整備や制度設計についてご提案し、実行します。