■健康経営PJ■バックと健康

まだまだ暑さが続きますね。

こんな暑い時期は、外に出るのも嫌になりますよね。

 

みなさんは、遊びに行くときや通勤にはどのようなバックを持っていますか?

トートバックやショルダーバック、斜め掛けバックが多いのかと思います。

最近のバックは、とてもオシャレで機能的ですよね。

 

私はどんな時もリュックサックを持っています。

リュックサックは、両手があきます。転びそうになったときは両手で顔を守ることができます。荷物もたくさん入り、また左右均等に重みがかかるので体のバランスがとりやすいです。体の歪みを軽減することができます。

 

でも、どのようなバックを持っても、健康を損なってしまうこともあります。荷物の量が多いときは首や肩には負担になります。荷物を持つのはいつも同じ肩になってしまうのも良くないそうです。時々は左肩にかけたバックを右肩にかけてみてはいかがでしょうか。

リュックサックも両肩のベルトを長くしてしまうと重心が安定せず、逆に体が歪んでしまいます。

体の歪みによって、肩こり、腰痛も引き起こしやすくなります。血液、リンパの流れも悪くなり浮腫む原因になります。

健康を考え、自分にあったバックをもってみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

健康経営プロジェクト

職場の健康づくりを企業の成長につなげるプロジェクト