■健康経営PJ■「食」

みなさん、毎日の食事はどうされていますか。

ご飯、味噌汁などの和食が良いとされていますが、私は、パン好きで朝食は必ずパンです。

 

昨年頃からこのパンの主成分(小麦粉:グルテン)が注目されています。小麦粉が身体によくないと言われています。あらゆる食品に「グルテンフリー(小麦などグルテンを含まない商品)」と記載されています。そのためパンも小麦粉ではなく米粉になっているものが増えました。

 

どんな影響があるか調べてみました。私自身も当てはまる項目があり「小麦粉ってとり過ぎるとコワイ!」と思ってしまいました。「明日から小麦粉を止めよう」と思っています。

このような症状が挙げられています。

①肌の乾燥 ②むくみ ③寝起きが悪い ④疲れ ⑤太りやすい ⑤精神的疾患

 

また意外と食品には、小麦粉が入っています。お菓子はもちろん、ビール、そば等の麺類、しょうゆ、みそ・・・等にもたまに含まれます。

麺類はフォーやビーフンに変え、餃子の皮も米粉で作ると良いようです。

1週間だけでも実感できると言われています。

 

私も小麦粉を使わない食事を試してみようと思います。身体の変化がありましたら報告したいと思います。

 

「翌朝の目覚めが悪い」「肌の乾燥」など思い当たる症状がありましたら、まずは1週間、小麦粉(グルテン)を食べない生活をしてみても良いかもしれません。

 

この記事を書いた人

健康経営プロジェクト
職場の健康づくりを企業の成長につなげるプロジェクト