■健康経営PJ■花粉症の季節がやってきた

息子が鼻水・鼻詰まり・のどの違和感を訴えてきました。

昨年の花粉症シーズンの終わりに発症したため、こんなに寒い時期から花粉が飛んでいるなんて知りませんでした。

早速息子を病院に連れて行き、服薬を開始したところ、ずいぶん症状が楽になったようです。

今回は今からできるセルフケアについて調べてみました。

 

■花粉を取り込まない

・マスクやメガネで取り込む量を軽減する

・衣類は花粉が付着しやすいウール素材はさける

・家に入る時は玄関で上着や髪についた花粉を振り払う

・手洗いうがい、洗顔をして花粉を洗い流す

・洗濯物は部屋干しする

■正常な免疫機能を保つ(鼻の粘膜の状態を良くする)

・1日3食バランスの良い食事

・睡眠をしっかりとる

・飲みすぎに注意する

・ストレスをためない

・適度な運動

■アレルギーに負けない食材をとりいれる

・青魚をたべる(EPA・DHAがかゆみは発疹などの症状を緩和)

・甜茶・緑茶を飲む(ポリフェノールには炎症を抑える作用)

・ヨーグルトをたべる(乳酸菌が免疫機能を整える作用)

また、今回はタイミングを逃してしまいましたが、花粉症の症状が出る前から服薬し花粉症の初期療法を始めると、症状の発症を遅らせ、飛散シーズン中の症状をやわらげることができるそうです。

来年は早めの受診を心がけようと思いました。

この記事を書いた人

健康経営プロジェクト
職場の健康づくりを企業の成長につなげるプロジェクト